山田遥楓が抹消から退団になる理由は嫁?源田壮亮の嫁への誹謗中傷内容がやばい!

山田遥楓の嫁のインスタ裏垢は?

このページにはプロモーションが含まれます

2022年9月21日、埼玉西武ライオンズの源田壮亮選手の妻である衛藤美彩さん(元乃木坂46)が、インスタグラムで誹謗中傷されていたことが明らかになりました。

発信者情報開示請求をしたところ、誹謗中傷を行っていたのは同じチームである山田遥楓選手の嫁であることが発覚。

山田選手が知らなかったとはいえ、妻が球団内部情報・個人情報を晒したという事実があり、山田選手の動向に注目が集まっています。

この記事では、山田選手は嫁が理由で退団もありえるのか、について調査していきます!

目次

山田遥楓の嫁は、源田壮亮の嫁へどんな誹謗中傷をしていたか?

山田選手の嫁はどんな誹謗中傷をしていたのでしょうか。

色々と報道されていますが、源田選手のインスタグラムでご本人がこう言っています。

私たちのSNS上の公開されているコメント欄に、球団内部情報や個人情報が約2年間に渡り、晒され続けておりました。私たちの家の住所、妊娠、その他様々な情報などが晒され続けたことにより、引っ越しはもちろんのこと、身の危険、自分の身近な人なのか?という人間不信や不安が続き、精神的に追い込まれた状態に陥ってしまいました。

引用:源田選手インスタグラム

まとめると

  • 球団内部情報・個人情報(家の住所、妊娠)が2年間晒された
  • 身の危険を感じるほどの誹謗中傷
  • 犯人がわからず人間不信
  • 精神的に追い込まれた

この内容からは、源田夫妻は相当な恐怖を感じていたことが伝わってきますね…

山田遥楓は嫁が理由で、抹消から退団になる?

山田遥楓選手は、嫁が源田選手の嫁を誹謗中傷した影響で退団になるのでしょうか。

世間では色々な声が飛び交っていました。

山田遥楓退団は確実よね… 源田がどこか行くとかは絶対やめてほしいし

もし、山田選手が認知せず、奥さんの単独犯なのであれば自分はこれからも源田、山田両選手を応援します。

源田や山田が大丈夫だとしても、源田嫁からしたら許されるもんじゃないし一生消えない傷を負ってるだろう。源田と山田が仲良くプレー?そんな甘い問題じゃないと思う。

これまでの不祥事は選手個人の問題で片付けられたけど、今回のはねぇ。残念ながら山田は今オフでチームを去るでしょう。このような嫁がいると受け入れてくれる球団があるかどうか、、、。

8月31日に確か山田遥楓2軍に落とされたけど、この影響も加味された?山田から見たら飛んだとばっちりだろ?下手したらこのせいでトレードとかで西武退団ありえる?

山田選手は知らなかったのだから退団はしてほしくないという声もあります。

一方で、退団は免れないのではという声が多くみられました。

【2022年11月2日 追記】

2022年11月2日、西武の山田遥楓内野手と日本ハム 佐藤龍世内野手の1対1のトレードが両球団で合意したと発表されました。

源田壮亮の山田遥楓への思い

源田選手は山田選手への対応として球団に以下のような相談をしたと、本人がインスタで発表しています。

このインスタの更新は、文春の報道が出てからすぐの、素早い対応でした。

当該選手から野球を奪わないで欲しいという想いを球団に相談させて頂きました。

引用:源田選手インスタグラム

当該選手から野球を奪わないでほしい

誹謗中傷していた犯人がチームメイトの妻だったと知って大きなショックを受けつつも、山田選手から野球を奪わないで、と懸命に訴えた源田選手の器の広さとやさしさが感じられます。

もし源田選手が球団にこのような相談をしなかったなら、重い処分が下ってしまう可能性があったのでは?と思わずにはいられません…。

源田選手は、インスタで「山田選手から野球を奪わないで」とは言っていますが、「今までどおり同じチームでプレイしたい」とは言っていません。言えなかった心情・事情が隠れているのでは、個人的には感じてしまいました…。

【追記】2022年11月山田遥楓トレード

2022年11月2日、西武の山田遥楓内野手と日本ハム 佐藤龍世内野手の1対1のトレードが両球団で合意したと発表されました。

まとめ

この記事では、山田遥楓選手は嫁のせいで退団があるか、について調査しました。

現在のところ、まだ正式にはわかりませんが『退団になる可能性は高いのではないか』という世間の声が非常に多く見られました。

2022年11月2日、西武の山田遥楓内野手と日本ハム 佐藤龍世内野手の1対1のトレードが両球団で合意したと発表されました。

山田選手の嫁と言われている成田沙耶加さんの過去の炎上についての記事はこちら

インスタの裏垢、内容、顔写真、名前、経歴について

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次