岡田将生が亜細亜大学を中退した理由は大河ドラマ?高校転校の訳も調査!

岡田将生が亜細亜大学を中退した理由は大河ドラマ?高校転校の訳も調査!

このページにはプロモーションが含まれます

確かな演技力とそのルックスで女性から絶大な人気を誇る岡田将生さん。

そんな岡田さんの学歴について迫っていこうと思います。

この記事では、岡田将生さんの

  • 大学中退の理由
  • 大学時代の芸能活動と受賞歴
  • 大学時代のエピソード
  • 出身高校と転校

などについて調査しました。

ぜひ、最後までご覧ください!

目次

岡田将生が亜細亜大学を中退した理由は大河ドラマ?

岡田将生さんが亜細亜大学を中退した理由をまとめました。

岡田将生の入学した大学は「亜細亜大学」

岡田将生さんは2008年4月に「亜細亜大学 経済学部・経営学科」に入学しました。

AO試験※ で入学したとの情報があります。

AO試験とは、学校における成績や小論文、面接などで人物を評価し、入学の可否を判断する選抜制度

  • 亜細亜大学 経営学部の偏差値:45
  • 難易度:普通
  • 住所:〒180-8629 東京都武蔵野5-8

2006年にデビューし、高校時代からすでに芸能活動をしていた岡田さんは、大学進学を迷った時期もあったそうです。

それでも大学の進学を決めた理由として、以下のように語っています。

役者は人気商売いつまでもできるとはかぎらない。
親を安心させるためにも学歴は確保したかった

岡田さんは不安定な芸能の仕事では将来が心配だと考え、両親を安心させるためにも、また自分ためにも大学への進学を決めたのですね。

(後述しますが、後に岡田さんは大学中退することを選びます。)

大学時代の芸能活動

  • 「ホノカアボーイ」で映画初主演
  • 「重力ピエロ」「僕の初恋をキミに捧ぐ」「ホノカアボーイ」などに主役級で出演

岡田さんは、俳優の実力をどんどん開花させていきます!

『ホノカアボーイ』で映画初主演を果たした2009年には、『重力ピエロ』『僕の初恋をキミに捧ぐ』などの熱演もあり、その年の映画賞新人賞を総なめに。以降、映画にドラマに舞台に、人間ドラマにサスペンスにコメディにアクションに時代劇に、イケメン役にエリート役にクズ役に気弱くん役にと、様々な作品で様々な役柄を演じてきた。誰がどう見ても美しい顔立ちでありながら、イケメン俳優に留まらない活躍を見せているところからも岡田さんの俳優力が分かる。

引用:シネマカフェ

前年の「魔法遣いに大切なこと」「ハルフウェイ」を含めた作品が評価され、2009年度映画賞 新人賞を多数獲得しています。

  • 第33回日本アカデミー賞 新人俳優賞
  • 第34回報知映画賞 新人賞
  • 第22回日刊スポーツ映画大賞 新人賞
  • 第52回ブルーリボン賞 新人賞
  • 第34回エランドール賞 新人賞
  • 第31回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞
  • 第19回日本映画批評家大賞 新人賞

さらに

  • 「オトメン(乙男)」で連続ドラマ初主演
  • CM「キットカット」出演
  • CM「CANON ピクサス」出演

順調に、芸能活動を広げていきます。

「亜細亜大学」を中退した理由

岡田将生さんは大学2年生の時(2010年2月)に亜細亜大学を中退しています。

大学時代には主役級で5本の映画に出演、連続ドラマ「オトメン」の主役をするなど俳優業が忙しくなっていました。

学業と仕事の両立は難しく感じていた矢先、大河ドラマの出演のチャンスがやってきます。

岡田さんは2012年のNHK大河ドラマ『平清盛』に出演し、ナレーションも担当。

大河ドラマは1年にわたってスケジュールを抑える必要があるため、2年前には打診が来ると言われています。

このことも、俳優業1本でやっていけると判断する材料となり、大学を中退を決意したのではと推測されます。

大学時代のエピソード

岡田将生さんは、意外にも人見知りな性格なんだそうです。

そのため、大学時代はほとんど友達がいなく、1人で過ごすことが多かったと言われています。

授業中に消しゴムを拾ってくれたことが嬉しくて、その人にずっと挨拶していたというエピソードもほっこりしますね^^

岡田将生が高校転校の理由も調査!

岡田将生さんの在学した高校は2校あります。

  1. 芝浦工業大学附属高校
  2. クラーク記念国際高等学校(通信制)

芝浦工業大学附属高校

岡田将生さんは2005年4月、私立の男子校である「芝浦工業大学附属高校」に入学しました。

中高一貫校である「芝浦工業大学附属中学校」からの内部入学での進学だったとのこと。

中学を選んだ理由は理系に特化した学校で、数学の先生になりたかったからだそう。

なんと偏差値62の難関中学から上がった高校でしたが、芸能活動を認めていない高校だったために転校を余儀なくされます。

転校した理由は芸能活動を認めていない高校だったからなんですね!

岡田将生の芸能界入りのきっかけ

岡田将生さんは中2のときに原宿でスカウトされています。

名刺を受け取ったものの部活のバスケに夢中で芸能界には興味がなく、連絡することもなかったそう。

しかし、高校生になってから「何か違うことをやってみたい」と姉に相談したところ、「じゃあ芸能事務所に連絡してみたら?」と取っておいた名刺を姉が渡してくれたことから、芸能活動をすることになります

芸能事務所はスターダストプロモーションです。

クラーク記念国際高等学校

2006年4月に通信制高校である「クラーク記念国際高等学校」に転校し、2008年3月に卒業します。

こちらの学校は芸能活動がOKな高校です。

高校2年生のとき(2006年)、

  • CM『日本工学院専門学校』
  • ドラマ「東京少女」

で、岡田さんはついに芸能界デビュー!

そして、2007年7月公開の映画「天然コケッコー」で注目を集めることになります。

まとめ

この記事では、岡田将生さんの、

  • 大学中退の理由
  • 大学時代の芸能活動と受賞歴
  • 大学時代のエピソード
  • 出身高校と転校

以上について調査してきました。

岡田さんの「亜細亜大学」中退理由は、俳優業と学業の両立が難しくなったこと、大河ドラマの出演チャンスがあったことなどから、俳優一本でやっていく決心がついたため。

「芝浦工業大学附属高校」から「クラーク記念国際高校」に転校した理由は、芸能活動を認められている高校に行きたかったため。


2022年末、岡田さんが鈴木唯アナと別れた理由がヤバいと言われる理由についてはこちらの記事をご覧ください

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次